史上初!? なんばグランド花月でライブをするアイドル!クリスマスは「つぼみ」に逢いにいくサンタさんになろう【独占インタビュー】

関西でめっちゃ有名なアイドルユニット「つぼみ」にインタビュー

2016年10月21日


この記事の目次
  1. ・関西でめっちゃ有名なアイドルユニット「つぼみ」にインタビュー
  2. ・プレゼント応募について
  3. ・つぼみ Profile


つぼみは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する、歌、ダンスに加えてお笑いもやっちゃうアイドルグループ!

キャッチコピーは「めっちゃオモロいアイドル」で、現メンバーは10人全員がコンビ、ユニットを組んで、歌、お笑い活動もしている。

難波、千日前付近を活動拠点とし、つぼみとしては、歌にお笑いをミックスしたワンマンライブを定期的に開催。大阪各地のライブハウスへの外部出演や、NGK、漫才劇場など吉本のお笑いのステージへの出演もしている関西ではめっちゃ有名なアイドルユニット、つぼみにインタビューをしました!

インタビューの最後にはサイン入りチェキをプレゼント!!

関西でめっちゃ有名なアイドルユニット「つぼみ」にインタビュー

――関西ではめっちゃ有名なアイドルユニットの「つぼみ」ですが、全国ではまだその名前は浸透していないですよね。まずは、「つぼみ」について教えてください。



恵梨華:関西で有名ってことすらびっくりしているんですけど(笑)

松下:私たち、関西以外から出たことがないから珍しいぐらい。

恵梨華:まず関西でも全然まだまだ知られてないですよね。

松下:私たち、つぼみはですね。吉本初のアイドルグループでしてメンバーが10人いて歌ダンスはもちろんやるんですけれど、二人組のコンビやユニットを組んでて漫才したりコントやったりとか、集団でお芝居したりコントしたりとか。
歌、ダンスだけでなくお笑いに特化したアイドルグループにはなっています。

――そしてその中で今日来て頂いた方々は「なに選抜」ですか? 自己紹介も兼ねて教えてください。

恵梨華:まず選抜っていう訳ではなくて、早いもの勝ち(笑)

松下:基本、つぼみはガッツキ精神が凄くてやりたいやりたいの集まりなのでマネージャーさんから「これ来ましたやりたい人!」みたいに連絡がきて「はい!はい!はい!はい!」って早いもの順に。

糸原:私は、つぼみのピンク色と癒しを担当しているいとっちこと糸原沙也加と言います。つぼみでは一番最後に入ったメンバーなんですけど、癒し系をやらせてもらっています。

恵梨華:私は、つぼみのムードメーカー担当で黄色担当の恵梨華です。よろしくお願いします。

松下:私は、濃いピンク色で妹担当の松下千紘です。よろしくお願いします。

岡本:私は、白とイラスト担当の岡本蓮です。よろしくお願いします。

――「つぼみ」のメンバーは、「NSC女性タレントコース・大阪校」。ということは、みなさん「可愛い」だけではなく「お笑いセンス」も高いのでしょうか。しかも「めっちゃオモロいアイドル」と名乗っています。どの辺が「めっちゃオモロい」ところなのでしょうか?。もしかとは思いますが、メンハーの中に、めっちゃオモロない人なんていないですよね?



恵梨華:まず、私たちもめっちゃおもろいアイドルって言ってるんですけども、「めっちゃおもろいでしょ!!」みたいなテンションじゃなくて、実際にやる公演の内容も他のアイドルと違うっていう意味で、自分たちの違いを見せるためのタイトルなんですよね。キャッチフレーズじゃないですけど。

岡本:今ではもう女性タレントコースだけじゃなくて、黄色と白がNSC34期のお笑いコース出身だったり。

恵梨華:私たちが、芸人やっててそこからアイドルになったんですよ。だからそういう子が珍しいって意味のめっちゃおもろいアイドルって思っていただけたら。

松下:もう言ったもん勝ちやって感じで言ってます。

恵梨華:今まで、そういうグループがなかったので。やっぱ吉本のアイドルグループだから、めっちゃおもろいアイドルでいこうって。

岡本:爆上がりして。

恵梨華:おもろない人って言ったら…

糸原:すべりキャラとかはいるんですけど、逆にそれが面白いんで。

恵梨華:それすらも、一つ一つの個性で。

糸原:みんな面白い。

松下:ちなみにすべりキャラって言ったら?

糸原:オレンジ。(笑)先輩なんで私、あんま言えないんですけど…。

松下:オレンジ担当の白城ちこって子は不器用担当で、自己紹介もできないんですよ。

岡本:「えっと…不器用」みたいな。

松下:MC中の話が凄い長くてオチがないとか。

恵梨華:でも結構、その子も滑っているんじゃなくて、爆発力があるんですよ。答えにめっちゃ個性があって。それがめっちゃウケたり面白い。

松下:すべりキャラじゃないけど…。なんていうんやろ。

糸原:不思議な子。

恵梨華:千紘さんも、なんなら天然というか。

糸原:ほえーって。

恵梨華:ほえーみたいなキャラなんで。

松下:私が、なんていうんですかね、れっきとした女性タレントコースを卒業してて。なので私は、ほぼお笑いを学ばずNSCを卒業したので。

恵梨華:ほぼ全員そうですよ!私ら二人以外は、誰もお笑い勉強してきてないですよ。

糸原:私も一般から入ったんで。

恵梨華:もっとお笑いやってなかった人もいるから。

――いきなりつぼみに入って、急にお笑い。めっちゃ面白いみたいなことも言われて。



糸原:怖かったですね。

恵梨華:私たちも正直、未だに怖いです。

――やはり、求められているんだなーとか思いますか。

糸原:普通じゃダメなんやろうなって思ってしまって。お笑いがいらんシーンでも、ちょっとオチつけた方がいいんかなって。

松下:この間、本当に普通のアイドルさんの私服を見せるファッションショーがあって、でも私らつぼみは、普通じゃダメなんじゃないかと感じて。一人3着ぐらい持ってきた。

岡本:とりあえず、予備で全身タイツ用意したりとか。

糸原:普段の考え方が変わりましたね。

恵梨華:日々勉強しながら、めっちゃおもろいアイドルを目指しているっていう感じです。

――みなさんが感じている「つぼみ」の魅力って一体なんだと思います?。一人のファンとして「つぼみ」を見たときに、あなたならどの辺に惹かれますか?

糸原:仲良い所。私は凄い好き。

岡本:私は10人が全員本当にバラバラというか、良い意味で統一感がなくて。誰を見ても面白いかなと。

松下:覚えやすいよね。初めてみても。

岡本:この子こういう子なんだなって凄くわかるのではないかと思います。

――ステージを見てても一人ひとりに個性があるので覚えやすく親しみやすいですよね。

恵梨華:しかも、普通のアイドルさんの様に歌もアイドルアイドルしている曲ばかりではなく、本当に誰も着飾ってない感じで。アイドルもガッチリやるけども、お笑いの面でも、MCとかも絶対に間延びしないように一生懸命本気でみんなで考えたりとか。この部分で、凄い元気をもらえるしみんながキラキラしてるところが私は凄い良いことだなって思います。

――これまでの7年間、きっといろんなことがあったと思います。その中で、自分の記憶の中に鮮明に残っている「つぼみ事件簿」があったら教えてください。



松下:私、個人的に一番事件だったのは隣の恵梨華ちゃんの話なんです。衣装あるじゃないですか?今着ているこの衣装だったんですけど、なんかアイドルって普通食事制限したり、ダイエットして体系維持するじゃないですか。
でも吉本ってそこまで言われないんですよ。「痩せてくれ!」なんかも言われないので
なんか甘えてるんか知らないですけど、ぶくぶく太りだして。リハ中にスカートすとーんって切れて落ちたんですよ。

恵梨華:最初、ゴム落ちてたんですけど最近では上からあくチェックが下からビリビリビリって破けてたり。中々衣装に困っているという。

松下:しかも、一人だけサイズでかいんですよ。

糸原:大き目に作ってもらっている。

恵梨華:私だけ特注サイズ用意していただいている。

松下:最初こそファンの人も、「痩せや」って言ってたんですけど最近は「恵梨華ちゃんちゃんは、別にそのままでいいよ」って。

恵梨華:それもうネタになっているからいいよって。そしたら私も甘えて食べちゃうっていう。

松下:私、アイドル元々好きだったんでこんなに太っても怒られないアイドルっているんだってことに衝撃を受けています。

恵梨華:太ってないし、ぽっちゃり。

松下:太っているアイドルはみんなそう言うの。

恵梨華:ぽっちゃりって言ってください。

糸原:吉本ならではの感じです。

松下:多分、他のアイドルさんだったらクビです。だって入ってきてすぐにダイエット企画持ち込まれて。

恵梨華:そうなんですよ。実は、デビューして3日間ぐらいからダイエット企画参加させられて3ヶ月でそのとき7キロぐらい痩せたんです。私、ボクシングジム井岡さんのボクシングジムに通って。あとはもう、ひたすらご飯食べずに。とにかく間に合わせないといけなかったので。

――3ヶ月で7キロも?



恵梨華:企画として3ヶ月で5キロ痩せないとダメなんですけども、7キロまで落として。それでその痩せたことにみんなお祝いしてくれて。今まで苦労見てるから、かわいそうやと思ってみんながケーキ与えたり、「終わったから食べや」って言われてまた戻りました。

――ちなみに好きな食べものはなんですか?

恵梨華:飲み物だったら、一番カルピスが大好き。毎日死ぬ程飲んでます。

岡本:あれ、砂糖めっちゃ入ってる。

恵梨華:原液でも飲めるぐらい大好きです。

糸原:ファンの人からカルピスってこんだけ砂糖が入っているんだよって画像を送られてきて。

恵梨華:私が飲むたびにその画像が送られてくるんですよ。

糸原:わかってる?みたいな。

――トレニーング終わったあとにカルピスを飲むんですか。

恵梨華:はい。

松下:なんかダンス終わりに飲んでるときもあるんですよ。

恵梨華:ダンスレッスン終わりカルピス。

――消費したカロリーが全部補給されると。

恵梨華:補給してます。糖分を。

松下:こういうメンバーがいるのも、めっちゃおもろいアイドルに近づけてるかもしれない。

――12月21日にシングルが発売されるということですが、どのようなシングルになりそうですか?



松下:今絶賛制作中っていうか、私自身も今練習中で。

恵梨華:今回の曲は本当に、爽やかで元気で初めて聴いた方でもキャッチ―な曲になっています。

松下:フレッシュで疾走感があって、楽しい曲になっています。

恵梨華:本当、今のつぼみにぴったりの曲だと思います。

――駆け抜ける感じですか?

恵梨華:はい、夢に向かって駆け抜けてとか。色んな人への感謝の気持ちとかを。

―─歌詞とかで感謝とかを歌っていらっしゃるんですね。

糸原:これから、作り上げて。

恵梨華:それを作り上げている段階で。

岡本:ワクワクしながら。

――これまでに行ったワンマン公演をすべてソールドアウト。毎回目標を達成するだけではなく、その都度、ファンの支持を獲得してきた要因や理由を、みなさんどのように捉えているのでしょうか?

松下:獲得できてたら本当に、嬉しいというかあれなんですけど。

恵梨華:でも公演を埋めたのは、毎日私たちなんばグランド花月の前でチケットの手売りしているんですよ。毎回チラシを配ったりとか、ビラ配ったり。そのフライヤー配りのおかげで。

岡本:フライヤー配りに気づいてくれた人がいてくれて、その姿を見て行ってみようかなって思ってくれる人とかが。

糸原:一番多いですね。その手売りのシーンに心打たれたから行ったら更に好きになったよって方が多くて。

松下:嬉しいですね。本当に。

恵梨華:発信源は自分たちが、っていうのがあったので。

糸原:本来なら来なかった人に声をかけさせていただいて、そして知ってもらって繋がってるんで。

松下:なんか毎日、本当に同じ場所に同じ時間帯にいるので。なんかこの間も見たみたいな。じゃあ「こんなに頑張ってるんだったら」って感じで来てくださったりとか。

岡本:きっかっけを自分らで。

松下:0からスタートじゃないですけど。

――今まで何枚くらい手売りしてきたのでしょうか?

恵梨華:10000超えているんじゃないですか。やりすぎて、何年もやってるので。

松下:チケットとか"レンガ"でもらうんですよ。

恵梨華:こんな(指で厚みをみせて)束ねてあるので。「売ってきてね」「はい。」って。

糸原:徐々に減ってくるんで、すごいそれが感動でした。

恵梨華:一番最後の一枚売るのときは、みんな本当にうるっとくるぐらい。絶対成功させようって気持ちが更にそこでメンバーの気持ちも深まりますし。

松下:しかもスタッフさんにも凄い恵まれてて。チラシとか毎日配っててすぐなくなったりとかでもフライヤーをすってくださったりとか、色んな所で告知してくださったりとか。多分、むっちゃ支えられてる。

恵梨華:色んな方の支えのおかげでここまでこれてると思います。

糸原:絶対裏切らないように。

――今の自分の限界よりも少し高い到達点があると、人はそのために努力し続けていけば、その姿に共鳴した人達が支持もしていきます。これまでの躍進は、メンバーそれぞれが「強い意志」や「覚悟」を背負っていたからと思うのですが、今の自分にとって「つぼみ」とはどんな存在ですか?。「つぼみ」として、どんな風に躍進し、どんな存在になっていきたいですか?



松下:つぼみは、自分の一部というかやってない自分が想像できないというか。

岡本:つぼみじゃなくなるのが本当に想像できないですよね。本当に、メンバー仕事仲間という感覚ではもうなくて。一緒にいて当たり前っていうかつぼみでいる自分が当たり前。

恵梨華:全員いなくてはならない存在。一人でも、欠けたらだめですし、全員がなくてはならない存在が集結したのが10人だと思いますし。

松下:なんかよくミーティングで、よくこんな10人が集まったねって。

糸原:仲良いのが好きなんで。

恵梨華:誰一人欠けてもダメです。今のメンバーは。私たちだったらお笑いは絶対にやる。私とかだったらお笑いの部分では、絶対私が先頭をきってもっとこここうしようとか頑張るっていうのがありますし、あとアイドルとして歌でやったら私が絶対負けないとか全員がそれぞれの目標があって。

松下:なんか良きライバル、良き仲間。ほんまに自分らのグループでいうのは、あれなんですけど。思います。

岡本:10人で本当にいろんな所にいけるように、全国に私たちの名前や存在が知ってもらえるように、今は頑頑張ってて。

――大阪にとどまらず日本、もしく世界につぼみという名前を知ってもらいたいという最中ですね。

恵梨華:はい。

――12月25日には、なんばグランド花月でのワンマンが決定しています。この日のチケットをソールドアウト出来なかったら「解散」。これは本当ですか?
松下:はい。

――こんなにも熱狂的に支持する人達がいるんだから、埋まらなくたって解散しなきゃいいじゃないですか。だって、みんな応援したいし、みんなを泣かせますよ。それって大人の陰謀ですか? メンバー自身の本音はどうなんですか?

恵梨華:解散は、自分たちで決めたことです。それを決めたのは、解散は絶対にしないって確信があるし、自分たちがもっとこれから大阪だけじゃなくて、東京とか本当全国に自分たちの存在を知らしめる、広げるために今ここで甘えずに自分たちにこう甘やかさずに解散の場をいれて、自分たちに"喝"を入れてるのであって。でも解散は絶対にしないっていう。

岡本:なんばグランド花月の公演は絶対に成功させたいっていう気持ちでみんなでそうしようかって。

松下:なので応援してくださっている方には凄いびっくりさせてしまったと思うんですけど、私たちは解散することがないって信じているので。

糸原:だからこそ言えたみたいな。絶対完売させるって決めてるんで。

松下:ハードルはまだ高いんですけど、今の10人だったら多分できると思うんで。

――大人の陰謀ではなくて、自らが提案したんですね。

松下:びっくりしました。

恵梨華:そうですよね。聞く側からしたら決められてるんじゃないかと思いますよね。

――何度も議論したのですか

恵梨華:はい。自分たちで追い込んでいる状態です。何度でもミーティングして。

――「つぼみLIVE~NGKからI LOVE YOU!~」を成功させるために必要なことって何だと思います?。今は、どんな努力をしているのでしょうか?



糸原:まずは、完売させるために知らない方に声をどんどんかけて行って、ライブに来ていただくのを目標にしてて。


松下:でも来ていただくために毎日チケットを持ってなんばグランド花月の前で手売りしてるんですけど、やっぱりそれだけじゃなくダンスレッスンとか歌とかもそうですけど、パフォーマンスも上げつつ。やっぱり初めての方に自分たちの一番のライブを見ていただかないとだめだと思うので、

岡本:日々一歩ずつ全員に楽しんでもらえるようにと話合って。

松下:毎日、「チケットとかチラシを配ることに時間を費やして、パフォーマンスがあんまりだったね」とかやっぱ思われたくないし、だからといって完売というか満席にできないのもやっぱり悲しいので、やるからには全部を成功というか。

糸原:どれか一つだけに、集中してしまうんじゃなくて。

恵梨華:なんばグランド花月でどのパフォーマンスも、一番今までやってきた中で一番出せた。一番上を出せたってなる様にみんな必死です。

――「つぼみLIVE~NGKからI LOVE YOU!~」ではどんなライブや楽しさを届けてくれるのか楽しみです。この日のライブの見どころ。そしてこの日のライブを見ると、どんな幸せを得れるのか、語れる範囲で構いません。ぜひ教えてください。

松下:つぼみの全部見れると思います。多分、最初にお話しした通り、つぼみって歌、ダンスとかお芝居、お笑い全部やっているんですって言われても多分知らなかったら…

恵梨華:「どれもまんべんなくちょっと詰まっているだけでないかなーって」

糸原:「どれもまあまあ出来るぐらい。」

松下:…って思うと思うんですけど、全部ガチなところを見てもらえます!

岡本:ホント真剣に、その演目もダンスも歌もお笑いも本当にこんなにやってたんだなみたいな、つぼみってこんなにワンマンしてたんだなっていうのがわかっていただけるんじゃないかと。

糸原:あとは、今まで支えてくださったファンの方に対してでいうと、やっぱりファンの方も800席埋めるのは厳しいんじゃないかなって多分思っていると思うんですけど、当日は満席になっているはずなんで本当に無理なことはないんだってことをその場で証明できる凄い感動する瞬間をお届けできるのではないかなと思います。必ず目撃してもらえると思うので。埋めたーっていうのを。

恵梨華:その幸せとお笑いが好きな方には、お笑いの部分で楽しんでもらえるしアイドルが好きな方は、アイドル部分で楽しんでもらえるっていう。どちらの、好きな方でも楽しんでもらえることが出来ると思います。

――歌あり、踊りあり、お笑いあり。

糸原:全部見せます。全力で。

――みなさん、「つぼみ」が開花したら、どんな花になるんですか?



岡本:これは新しい花を咲かせたいですね。

恵梨華:何ににとかじゃないですね。咲いてから。

糸原:新種の花発見したみたいな。例えようかなとも思ったんですけど

恵梨華:たとえようがない。

糸原:新しい花発見してしまいました。

松下:ほんまにバラバラやもんね。

糸原:後々はみんなが知っている辞典に載っちゃうような「あの花ね」ってわかるぐらいの知名度を持った最強の花になりたいです。

――一つの花ではなくそれぞれが一個に咲く

恵梨華:個々に咲いてそれが一つになって、一番綺麗になればいいなと思います。

松下:いいね。

――ちなみに咲いてほしい花や、好きな花はありますか?

恵梨華:私は黄色なんで、ひまわりを。

松下:ひまわり似合いそう。

恵梨華:ひまわりって太陽に向かって咲いていくって、そんな凄い良い花ある?
カッコいい尊敬です。ひまわりさんに対して。

――クリスマスの夜、あなたならサンタさんからどんなプレゼントをいただきたいですか?

糸原:私は、満席の客席が欲しいです。

松下:なんばグランド花月って吉本の中で、一番大きなお笑いの舞台なんですけどそこがアイドルのサイリウムでカラフルになっている舞台を多分まだ誰も見たことがないんじゃないかと思うので、その景色を見たいです。

恵梨華:いただいてもよろしいでしょうか。

岡本:何年経っても、凄い印象に残る様なあのときすごかったなって何年後も思うような一日になるように。そんな日にしたい。してもらいたい、いやします!

糸原:プレゼント交換やね。プレゼント交換はしたいです。貰うだけではなく。

ありがとうございました。
素敵で最高のクリスマスを過ごせればよいですね。私たちも応援します。


プレゼント応募について

Twitterで応募するとインタビューに答えてくれたメンバーのサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼントいたします!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。



[応募締め切り]
10/31 21:00まで

締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
沢山のご応募お待ちしてます♪

ライブ情報 12月25日(日)なんばグランド花月

「つぼみLIVE~NGKからI Love You!~」

会場 なんばグランド花月
日程 12月25日(日)
時間 19:10開場 19:30開演
料金 前売2000円 当日2500円 立見1800円
Yコード:999010
Pコード:454-127
Lコード:57941
お問い合わせ チケットよしもと予約問い合わせダイヤル 0570-550-100

リリース予定シングルCD情報

■発売日:12月21日(水)
■タイトル:未定
■商品形態
シングル:4タイプ
・Type-A
・Type-B
・Type-C
・Type-D
■税込価格各¥1,000

つぼみ最新情報

つぼみ、生放送ラジオ、ジャングルレディオのレギュラーに決定!

今月10月から、毎週火曜日にイエスシアター1階のサテライトスタジオにて、19時から20時までの1時間番組『ジャングルレディオ』にてつぼみがレギュラーに決定した!
生放送の公開収録では、フリーダムに話すメンバー10人が週替わりで3人づつ出演する。

つぼみそれぞれの個性が見れるラジオ番組にも、是非足を運んでみてください

【つぼみ Official Site】
http://www.tsubomi.club/

【つぼみNGK公演特設サイト】
http://tsubomi-hana.com/index.html

【つぼみ公式Twitter】
@tsubomi_hana

つぼみ Profile

大阪を拠点に活動し、歌とダンスはもちろん、お笑いやお芝居を取り入れた独自のライブパフォーマンスが話題となり、単独公演は全て完売するなど着実に集客を伸ばしている。

また、8月2日に新曲「スカッとサマラパ☆」をリリース。
ジャマイカで発祥した音楽"SKA"を取り入れ、"つぼみ"初となるサマーソングに挑戦。
盛り上がること間違いなしのアッパーチューン!!


OFFICIAL HP: http://www.tsubomi.club/ 
TWITTER: @tsubomi_hana (公式)
つぼみのYOUTUBE CHANNEL: https://www.youtube.com/channel/UC9uBt0fC_XOQeEykUvgFJ4g

関西発ティーンズアイドルCHOCO★M…

アイドル界の魔王を倒せ!そして伝説へ……