天空音パレード、新体制・新曲と話題は尽きない中、全国ツアーであなたに逢いに行くぞ!【インタビュー】

大阪で活躍するアイドル「天空音パレード」。大阪で抜群の人気を誇る彼女達がいよいよ新メンバーを加えて全国へジャンプアップ。ファミリーマートのBGMに楽曲が選ばれるなど注目が集まっている。

2017年11月28日

Interview&Photo

苦楽園 京


この記事の目次
  1. ・天空音パレード、新曲「ソンゴクウ」の世界観
  2. ・「ソンゴクウ」がファミマで流れた!!
  3. ・両A面の「ギャンブラー」、ソンゴクウとの対比がエゲツナイ?
  4. ・いづみん、作詞に初挑戦!
  5. ・天空音パレード、新メンバー白石栞奈・柳谷ちほに直撃!
  6. ・3月からツアーが始まります
  7. ・『天空音パレード全国ツアー神降臨』スケジュール
  8. ・「天パレちゃんの暇つぶし」をみるのだ!
  9. ・天空音パレードからファンの方へのメッセージ?
  10. ・天空音パレード 最新情報
  11. ・リリース情報
  12. ・『天空音パレード全国ツアー神降臨』ツアースケジュール
  13. ・毎週水曜日の天パレ単独定期公演を開催中!
  14. ・天空音パレード Profile
天空音パレードは、大阪を中心に活躍するアイドルグループ。「神話の世界を歌に」をコンセプトに、オリジナルの世界観を作り上げる。メンバーは芦田愛由・徳永彩佳・竹下絵莉・足森いづみに、今回加わった白石栞奈・柳谷ちほをあわせての6名。今回は新メンバーインタビューも含めてお送りします。


--天空音パレードのみなさんです。新体制になって新曲も出るということで話題が盛りだくさんですね。まず最初に新曲のお話をお聞かせ願えればと思います。11月15日に9枚目のシングルがリリースされました。おめでとうございます。

一同:ありがとうございます!

天空音パレード、新曲「ソンゴクウ」の世界観


--楽曲が3つ入っていて、まずは表題曲の「ソンゴクウ」という曲について聞かせてほしいんですけど、この曲ってどういう世界観なんでしょう?

竹下 絵莉(えーりん):曲のストーリーは西遊記の物語をテーマにしていて、その中の孫悟空を題材にしています。それぞれメンバーがキャラクターに扮していて、私が三蔵法師で、沙悟浄、猪八戒となってて、あと3人はこう「フッ」て吹いた時に分身した孫悟空です。

--ああ〜!はいはい。昔のドラマで見たことあります。

竹下 絵莉(えーりん):三蔵法師一行が旅が終わった後に、「旅、楽しかったな」とかそういう思い出を綴りながら回顧している曲になってます。

--そうなんですね。聴かせてもらって、なんとなく卒業ソングっぽいなと思ったんですけど、いかがですか?

一同:ああ〜。

徳永 彩佳(あやかぴ):でも確かに、そんな感じもするかも。旅の思い出、「仲間っていいな」って改めて思うというか。

竹下 絵莉(えーりん):綺麗事を結構並べてる系の曲なんですよ、天パレにしては珍しく。天パレってあんまりそういうこと言わない系の歌詞が多いんですけど、「出会いは旅の贈り物だね 感謝 感激」とか、急にどうした!?みたいな。(一同笑)
そういう歌詞だったりとかするんで、ちょっとみんながハッピーになれるというか、そういう曲になってるんじゃないかな。

徳永 彩佳(あやかぴ):心穏やかに聴けますね。

竹下 絵莉(えーりん):ソロパートもないんで、気楽にみんなで踊って楽しく、みたいな曲になってると思います。


--なるほど、他の方はどうですか?

芦田 愛由(あゆごん):振り付けを、私とえーりんの二人で考えたんですけど。間奏に、こういうやつ(モンキーダンスをしながら)で、手ぇ振ってとかあるので、みなさんで。ライブで。とても楽しめる振り付けとなってます。

徳永 彩佳(あやかぴ):全体的に曲もそうやし、振りからしてもほんまにみんなでって感じやんな。

竹下 絵莉(えーりん):結構ポップな感じの。

--なんかMusic Videoみてると、後半一瞬パーデンネンみたいなの出てきますよね。こういう(手を広げて片足をあげる)格好が。


竹下 絵莉(えーりん):どこやろう?

白石 栞奈(かんな):「とぶよー」の所ですか?

竹下 絵莉(えーりん):あー!そうかもしれないです。みんなでジャンプー!みたいな感じのやつですよね。そこももう会場のみんなでやってもらえれば。パーデンネン(笑)。そこは大阪感も意識してる風にしておきます。

「ソンゴクウ」がファミマで流れた!!

--そして今回は、この曲がファミリーマートの店内BGMに選ばれましたよね。聴きに行きました?

徳永 彩佳(あやかぴ):行きました!毎時49分に(笑)

竹下 絵莉(えーりん):かかるタイミングを待ってました。

足森 いづみ(いづみん):店内のスピーカーがあって、そこの真下に行って。(一同笑)待ってました。

--すごいですよね、ファミマでかかるって。

竹下 絵莉(えーりん):嬉しいです!

白石 栞奈(かんな):嬉しい。

徳永 彩佳(あやかぴ):あと、レジ横の画面にも出てて。いつもは他のアーティストさんとかが出てるのを見てたんで、尚更そこに、「うわぁ、いるんや」みたいな。

--写真撮ってツイートしました?

竹下 絵莉(えーりん):めちゃめちゃ。(一同笑)連写よ。しました。

徳永 彩佳(あやかぴ):ちょっと怪しい人みたいやんな。

竹下 絵莉(えーりん):なー。



--今回はそれで天空音パレードを知って貰った方もいると思いますよ。

竹下 絵莉(えーりん):めちゃめちゃ嬉しい。

徳永 彩佳(あやかぴ):ほんのり、ちょっとでも残ると嬉しい。

両A面の「ギャンブラー」、ソンゴクウとの対比がエゲツナイ?

--そして、今回は両A面なので、もうひとつの曲についても聞かせてください。

徳永 彩佳(あやかぴ):はい!「ギャンブラー」。さっきの「ソンゴクウ」と全然違う感じの曲で。

竹下 絵莉(えーりん):打って変わってね。

徳永 彩佳(あやかぴ):すごいかっこいい感じだし、歌詞も尖ってますね。

竹下 絵莉(えーりん):そうなんですよ。ソンゴクウとの対比がえげつないんですよね、結構。

--確かに、言われてみれば……。こっちはいい子というか、ちょっといい風な、ポジティブな感じですよね。

徳永 彩佳(あやかぴ):かーんしゃかんげきーみたいな感じやよね。

竹下 絵莉(えーりん):感じやのに急に……

徳永 彩佳(あやかぴ):「夜の王国(キングダム)」みたいなね。

竹下 絵莉(えーりん):「イカサマだらけ」みたいなね。

白石 栞奈(かんな):(笑)

竹下 絵莉(えーりん):人間の表と裏ぐらいの感じが出てるんじゃないかなと。

いづみん、作詞に初挑戦!

--えーりんは、相変わらずちょこちょこ強めの一撃を放り込んできますよね(笑)。そして、もう1曲収録されてます。「Right-of-way」。これはいづみんが作詞をされている。



足森 いづみ(いづみん):そうです。初めて全作詞を一人でして。

徳永 彩佳(あやかぴ):すごい。

足森 いづみ(いづみん):めっちゃ大変でした。結構難しかったですね。曲が先に上がってて、それを聴いて「こういう歌詞にしよう」みたいな感じで。


--この曲は、どういう想いで作られたんですか?

足森 いづみ(いづみん):ファンの人を見てて、いつも応援してもらってるんですね。だから、こっちも逆に応援してあげたいなと思って。そういうメッセージ性かな?どっちかっていうと、ファンのみんなへエールを送る歌詞になってるかなと思います。

--特に思い入れのある所とかあります?

足森 いづみ(いづみん):えっ!?難しっ。(一同笑)でも、このサビの最後の一行「きみの特製の笑顔 今日を限りなく照らしてる」が1番2番3番でつながってる感じ。最後の一行のために、他の歌詞が全部あるみたいな感じです。

--最初にその一行がもう浮かんでたんですか?

足森 いづみ(いづみん):そうですね、入れたいなと思ってました。

徳永 彩佳(あやかぴ):でも、「作詞足森いづみ」って一人だけ名前あってすごい……

--今までって、メンバーさんがそういう風に作詞をしたことはなかったんですか?

竹下 絵莉(えーりん):関わることはあるんですけど……。マネージャーが作詞をやってることを公表したんですけど、ちょいちょい修正とか、その世界観に合わせてもらったりとかっていうのをしてもらっていました。だから、全部を一人でやるっていうのはこれが初めてなんじゃないかな。

--じゃあ、これからそういう機会が増えてくれば…。(シーンとなるメンバー)……あれ?(笑) そんなに、結構周りから見て大変だったんですか?

竹下 絵莉(えーりん):いや、こっそりやってた。

徳永 彩佳(あやかぴ):で、いつの間にか歌詞できて、もらって、すごー!と思って。

足森 いづみ(いづみん):恥ずかしいんですよ、これ。メンバーとかに送る時も、「これ大丈夫?ダサイって言われたらどうしよう!?」と思って。(笑)

竹下 絵莉(えーりん):(頷いて)わかる。

徳永 彩佳(あやかぴ):だって、言ったら自分のセンスじゃないけど、思ってることまでわかるから。

足森 いづみ(いづみん):めっちゃわかるじゃん!それが恥ずかしっ!と思って。

竹下 絵莉(えーりん):それを人が歌うわけやもんな。

--仲が良いメンバーだからそうですね。個人的には、竹下さんがやるのが一番エッジのきいたものが出てきそうな感じがする。むっちゃウケるか、むっちゃ叩かれるかのどっちか。

(一同笑)

足森 いづみ(いづみん):確かに。(笑)

竹下 絵莉(えーりん):多分そうだと思います。いずれ期待しといてください(笑)。

次ページ : 新メンバーが先輩にあたふたする展開に…

欅坂46、『不協和音』で見えた明確な方…

【10周年記念動画】predia