【インタビュー】仮面ライダーGIRLS「みんなひとりひとりがヒーロー」7周年ワンマンへの意気込み語る (2/4)


仮面ライダーGIRLSの魅力に迫る



――では仮面ライダーGIRLSさんの魅力を教えていただきたいのですが。

秋田知里: 仮面ライダーGIRLSの魅力は、まず仮面ライダーってついてるからには仮面ライダーの曲を歌っていまして。曲が全部バトルソングで、すごく疾走感があったり力強かったり、こう熱い!曲が多くて。他のグループに比べても、聴いていて「おおっ!」て心の底から燃える思いがバーッてなるような曲が多いことがまず魅力です。あとは衣装も……。

井坂仁美: 黒だね。

秋田知里: 黒がベースになっていて、戦えそうな服を着てたりとか。あとはそれぞれみんな素で生活をしているので、ラジオとかで番組を持ってるんですけどそこでも今みたいなトークをずっとやってたりとか(笑)。ファンの前でもこういう会話を普通にしたりとかできちゃうので。着飾っていない、素な女の子っていうところも曲とのギャップがあって、私たちの魅力かなと思います。


――ちなみに、仮面ライダーの中ではなにがお好きですか?

秋田知里: 私は仮面ライダーウィザードが大好きです、あの見た目がすごくカッコいい。まず見た目がカッコいいです、でも中身もすごくおもしろいので、ぜひ見てください……。

井坂仁美: もうほぼ、ちーが言ったことなんですけど、やっぱり楽曲がカッコいいロックサウンド系が多いので。ライブだと結構声を出して盛り上がれる曲が多いので、みんなで一体感が出る曲もあったり、しっとり聴けるのもあったりと、ロックっていうジャンルの中でも色んな曲が聴けるなっていうのは思いますし。私たちよく「水飲まないね」って言われるんですけど、5、6曲だったら、全然水飲まないでやっちゃうので、リズムが崩れないっていうのはありますね。あとは、カッコよさの中で喋ると、やっぱりこういう……デュフデュフ感じゃないけど(笑)、なんだろう?

鷲見友美ジェナ: 夢見がちですよね。

一同: (笑)

井坂仁美: 年齢のわりには夢見がちなことを平気で言ってしまうみたいな。

秋田知里: ロマンチストですね。(笑)

井坂仁美: そうそう。結構聴いてくれてる人からすると共感を得てくれたりとか。ライブのときはカッコいいけど、普段は親しみやすいなって感じてもらえてるんではないかなと思います。


――ありがとうございます。ちなみに、井坂さんがお好きな仮面ライダーは?

井坂仁美: 私は仮面ライダーOOO(オーズ)です!

一同: (笑)

秋田知里: みんなちゃんと推しライダーがいるんです。

鷲見友美ジェナ: 仮面ライダーGIRLSは東映公認の公式グループでずっとやってきまして。だからこそカッコいいバトルソングを歌い続けていますし、歌詞もそれぞれライダーに沿った、例えば鎧武だったら鎧武の世界観に合っている歌詞を歌っていたりウィザードだったらウィザードっていう、本当に仮面ライダーに寄り添っているスペシャルなグループだと思っていて。そういうことができるのがやっぱり仮面ライダーGIRLSだからこそかなって、本当に心から思っています。で仮面ライダーのためにいる私たちっていうのがまず前提で、さらに仮面ライダーだけじゃなくって、私たち戦隊もわかるんですよ。戦隊のエンディングとかのダンスも躍れたりしますし。ライダーだけじゃなくて東映特撮全体をしっかり応援できる、心から愛しているというか、ずっと寄り添っているグループなのかなっていうところがあります。みんなライダーも戦隊も大好きですし、その気持ちは負けないなってずっとやり続けて思っています。

秋田知里: ここ太字で書いてほしい。

一同: (笑)

鷲見友美ジェナ: やっぱり気持ちは負けないです!愛は絶対に負けないっていう自信があります。


――鷲見友美ジェナさんは結構正義感強い性格だったりするんですか?

鷲見友美ジェナ: ああ~~。

井坂仁美: ああでも、曲がったことは嫌いですね。曲がったこと嫌い。

鷲見友美ジェナ: はい、そうです……。気がキツいです。(笑)


――しゃべってる感じだと、そういう風にはあんまり見えないですよね。

秋田知里: なんか、ふんわりしてる中で芯が通ってるって感じですね。

鷲見友美ジェナ: ありがとうございまーす!好きなライダーは仮面ライダー鎧武です!

黒田絢子: GIRLSの魅力は、もう皆さんが伝えてくれた通りライダー愛なんですけれども。あとは、自分もライブに出るときとか仮面ライダーGIRLSになる瞬間は、もう変身したと思っているので。いつも「変身」って言いながら(ベルトを差し込むジェスチャーをしつつ)衣装着替えて。

秋田知里: やってる?(笑)

井坂仁美: 言ってる言ってる。言ってるけど、その変身って言ってからの、完了までがメッチャ時間かかってる?。

黒田絢子: そう、ちょっとね。やっぱ、セルフで着るので、変身まで時間はかかるんですけれども。(笑)やっぱりメイクだったり衣装だったりダンスだったり曲だったり、全部が変身フォームというか。

鷲見友美ジェナ: ベルトもつけてますし!

黒田絢子: そう、ベルトもつけてるしね。ありがとう補足。(一同笑)
そういう全部の変身フォームが自分の武器になるというか、メンバーもひとりひとりの武器になってカラーも背負ってやるっていうのが、全部自信につながるチームで。まあ、普段このフォームが外れた瞬間は、本当に散らかっちゃってるグループだとは思うけど……。

一同: (笑)

井坂仁美: 散らかってるって言うなよ!(笑)

秋田知里: 全然散らかってないよ。

黒田絢子: 結構ね、プライベートに関してはすごい地味だったり……

秋田知里: 地味じゃないよ!(笑)

黒田絢子: あと変身するためのやつはカラコンです。

一同: (笑)

秋田知里: やめてよ!

黒田絢子: 私たちの場合はカラコンです。


新事実!仮面ライダーGIRLSはカラコンをつけて変身!?


――カラコンをつけて変身……。

秋田知里: 信じないでください!(笑)

鷲見友美ジェナ: ベルトです!ベルトで変身してます!

黒田絢子: ベルトとカラコン……。(笑)

秋田知里: いやカラコン関係ないです。(笑)


――ちなみに、黒田さんがお好きな仮面ライダーは……?

黒田絢子: 私、全然毎回出る作品好きなんですけど……

秋田知里: 一言で言ってください。(笑)

黒田絢子: えーっと、まあ555かな~、強いて言うなら仮面ライダー555。ロン毛が好きで。

鷲見友美ジェナ: ロン毛……(笑)

井坂仁美: 仮面ライダー555はロン毛ではないから。

秋田知里: ロン毛じゃないから。(笑)

黒田絢子: 主演の半田健人さんがすごくタイプで。ちっちゃいときの青春の人でありまして。

井坂仁美: ムテキ(ムテキゲーマー)のロン毛はどうですか?

秋田知里: たしかに。エグゼイドのムテキは?

黒田絢子: あれはちょっとレゲエ感があるから……

一同:(笑) ひときわ笑いまくる鷲見友美ジェナ

黒田絢子: レゲエ感があるから。でもムテキフォームの、うちら、歌を……

秋田知里: うちらぁ(笑)歌をぉ(笑)

黒田絢子: 歌ってるので、バトルソングで。

鷲見友美ジェナ: はい!はい!歌ってます。

黒田絢子: ムテキは一番最終形態の、最強フォームの曲を歌ってるので好きです。


次ページ : みんなひとりひとりがヒーロー

「夢みるアドレセンス」新メンバーの特技…

東京CuteCute、シングル「SUG…