【インタビュー】まじめな高学歴アイドル「寺嶋由芙」はニューアルバムで女子を釣る!?

「古き良き時代から来ました、まじめなアイドル、まじめにアイドル」というキャッチフレーズが示すとおり、昭和のアイドル感が漂う「ゆっふぃー」こと、寺嶋由芙。 大好きなアイドルと、ゆるキャラを繋ぐ“ゆるドル"としても活躍中の彼女は、早稲田大学文学部を卒業し、国語の教員免許も取得した、才色兼備なヲタクだ。

2018年4月22日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・女性ファンからの声援にニヤニヤが止まらない!
  2. ・ゆっふぃーと「たこ焼き」
  3. ・昨夏のドロシー復活ライブは国宝級のステージ!
  4. ・80年代の古き良きアイドルのメロディを歌いたい!
  5. ・高学歴を活かしてクイズ番組に進出!?
  6. ・ニューアルバムは女子の共感を得られる作品
  7. ・寺嶋由芙 / きみが散る
  8. ・ゆっふぃーの結婚願望は?
  9. ・プレゼント応募について
  10. ・寺嶋由芙 最新情報
  11. ・商品情報
  12. ・2ndアルバム『きみが散る』リリースイベントスケジュール
  13. ・ライブ情報
  14. ・寺嶋由芙 Profile
  15. ・INFOMATION
そんな彼女のマルチな魅力の虜になる男性はもちろん、女性ファンも急増中!
3月10日、兵庫県のエディオンJR尼崎駅店で、2ndアルバム『きみが散る』(4月25日発売)のリリースイベントを行っていた、ゆっふぃーに直撃インタビュー!

女性ファンからの声援にニヤニヤが止まらない!



──去年の11月、OSAKA RUIDOで開催されたツアー公演を観させていただいた時、女の子のファンが増えたなーと思ったんですけど、いつ頃から増えました?

寺嶋:ありがたいです。ここ1年ぐらいで、女子が増えたねって言ってもらえることが少しずつ増えてきて、昨年のツアーから、女性専用エリアも設けました。ひな祭りの日に女子限定イベントを開催したら、ソールドアウト出来たので、すごく嬉しかったです。

──初めての女性限定イベントは、いかがでしたか?

寺嶋:楽しかったです!いい匂いがするし、空気が澄んでいて涼しいし、みんな小っちゃいんですよね。だから、視界がいつもと全然違って、女の子たちのまさに黄色い声援をいただきまして、歌っていてニヤニヤしちゃう感じでしたね(笑)

──女の子のファンの皆さんは、ゆっふぃーのことをどこで知る人が多いですか?

寺嶋:やっぱりゆるキャラから入った方も多いみたいで、ゆるキャラファン同士として、キャラクターに関するコアな話が出来るから楽しいっていう方もいますし、ディアステージに移籍してからだと、でんぱ組.incさんとか、他のアイドルグループから知って来てくれた方も多くて、その2つの流れが大きいと思います。

──女の子からは、ゆっふぃーのどういうところが好きだと?

寺嶋マジメに(アイドルを)やっているところが好きって言ってもらえることが多いです。正統派というか、アイドルの在り方としては、そんなに飛び道具的なものを使うタイプではないと思うので、そういうところが好きって言ってもらえることが多いです。

ゆっふぃーと「たこ焼き」

──去年の秋のツアーでは、ご当地ソングを歌うコーナーがありましたが、大阪公演では、やしきたかじんさんの『やっぱ好きやねん』を歌っていましたね。

寺嶋:JR大阪駅の発車の音楽にもなっていて、関西の方にはすごく馴染みもあるし、その曲を女性のアイドルが歌うっていう意外性もあるかなと思って選曲したんですけど、すごく喜んでもらえたみたいで、よかったです。



──私もかつて、たかじんさんの番組を担当させていただいていたので、嬉しかったです。ゆっふぃーが歌う『やっぱ好きやねん』が、そういう意味でも心に沁みました。そして、VTR企画では、自分でたこ焼きを…。

寺嶋:すごく上手に焼けました(笑)

──あれっ?私が観たVTRと違うなぁ。手伝ってもらっていたような…。

寺嶋:そんな、まさか(笑)

──その後、リベンジは?

寺嶋:してないです(笑)。誰かに作ってもらう方が速くて、美味しい!無駄なことはしない(笑)。そのVTRも、各地に行ったからこそ出来ることをやりたかったのと、衣装の着替えの時間を繋ぐために、そういうVTRを使った演出も必要なので。

──ゆっふぃーと仲良しのWHY@DOLLさんは、大阪に来ると必ず<十八番>というたこ焼き屋さんに行くそうなんですが、ゆっふぃーが大阪に来た時に必ず行くお店はありますか?

寺嶋:(アメリカ村の)三角公園の近くにある<どないや>の塩味のたこ焼きが美味しいんです!そこによく行くんですけど、東京にもその店があることに最近気付きました(笑)。あと、梅田にある<ポムポムプリンカフェ>は最高です!

昨夏のドロシー復活ライブは国宝級のステージ!



──去年の11月の大阪公演の前に、ゆっふぃーとお会いしたのは、8月27日に横浜アリーナで開催された「@JAM EXPO」でしたね。この日はDorothy Little Happyさんの1日限りの復活ライブがあって、上野優華さんと並んで、祈るようにステージを御覧になっていました。

寺嶋:また5人揃ったライブを観られるとは全然思ってなかったですし、佳奈ちゃんも卒業していたので、復活ライブがあるっていう発表があった時も信じられなくて、嬉しいというより、ウソだーっていう気持ちが大きかったです。当日を迎えて、いざライブを観たら、あの当時のかっこよさとか、かわいさもあったんですけど、それぞれが別のグループになってからもずっと頑張っていたから、パワーアップしていたので、最高でした!国宝級の素晴らしいステージでした。(5人体制ラストライブの)中野サンプラザも観に行っていたんですけど、もっと大きなステージで5人を観たかったなと思っていたので、その夢を叶えてくれて、@JAMさん、ありがとう!の気持ちでした。

──@JAM総合プロデューサーの橋元さんは神ですね。

寺嶋:本当に神です!(今年は)アイドルネッサンスもよろしくお願いします!

──復活の企画が毎年あるわけじゃないですけど、アイルネさんが2月に解散してしまったので、また観たいなという気持ちはありますよね。特にゆっふぃーはアイルネさん推しでしたし。

寺嶋:全員、娘のように推していました。

──アイルネさんの解散ライブをSHOWROOMで観ていたんですけど、各メンバーの最後の挨拶は、涙なしでは観られませんでした。

80年代の古き良きアイドルのメロディを歌いたい!



──ゆっふぃーがアイドルを好きになったきっかけは?

寺嶋:幼稚園から小学校の低学年の時に、モーニング娘。さんが大好きになりました。

──誰推しでした?

寺嶋:安倍なつみさんです。なっちみたいな王道のアイドルが好きだから、ドロシーちゃんも、アイルネちゃんも好きなんだと思います。

──ゆっふぃーは、昭和のアイドルのような雰囲気を持っていますが、好きな80年代のアイドルはいますか?

寺嶋:母親が松田聖子さんと中森明菜さんをずっと聴いていたので、知っている曲がたくさんありますし、古き良きメロディを歌うっていうのが、自分の活動の中で明確になってきて、その時にやっぱり松田聖子さんとか、その世代のアイドルさんを参考にするように心掛け始めました。アイドル戦国時代を見渡した時に、自分が求められている、というと違うかもしれないですけど、自分やるべきことが見えて来た感じですね。

──去年の秋のツアーの福岡公演では、松田聖子さんが福岡県久留米市出身ということで、『風立ちぬ』を歌われたそうですが、松田聖子さんの好きな曲は?

寺嶋『風立ちぬ』ももちろん大好きなんですけど、『蒼いフォトグラフ』とか、せつない曲が好きです。あと、♪四月からは都会に…♪

──『制服』ですね。

寺嶋:『制服』も好きです。



──せつない曲が好きなんですね。あとは、『瞳はダイアモンド』とか?

寺嶋:好きです!その曲を、ドロシーの麻里ちゃんがカバーで歌っていて、最高だったんですよ!その音源が欲しいです(笑)

──麻里ちゃんバージョンの『瞳はダイアモンド』、私も聴いてみたいです!



次ページ : 高学歴を活かしてクイズ番組に進出!?

【インタビュー】待望の1stアルバムを…

俺たちのアイドルをもっと上へ!『Uta…