【インタビュー】「毎回同じパフォーマンスが一生見られると思わないでほしい」GLAY・HISASHIとのコラボで見せた、バンドじゃないもん!の真の姿 (2/3)




「天空の人」HISASHIとのコラボで生まれたケミストリー

──今回の曲はHISASHIさんから受け取られた際に、割と“このままでいいです!”という感じだったのでしょうか?

大桃子:いや、原曲自体はそうなんですけど、そこからその曲をよりバンもん!っぽくしていくところで、結構みんなで話し合いながら手を入れています。

甘夏:すごく細かなところまでやっていて、例えば「BORN TO BE IDOL」の曲の中で鳴っている小さな一つのシンセの音を“もっと上げてください、そこがすごくバカっぽくなる良いフレーズだから”みたいな(笑)。そんなところまでメンバー全員が立ち会って、やったりしているので。そこに関してはみんなで作っているという感じもあるんです。

大桃子:そう。歌詞も“こんな内容を”とお願いして入れてもらったり。

七星:「BORN TO BE IDOL」は、詞が英語で始まるんですけど、ぐみ的にはそのあと「英語は喋れない」にしたいなって(笑)ふざけて歌ってたらこれいいなあってなりました。

鈴姫:でも、ライブではまだそれほど何回もお客さんに見せているわけではないですけど、このフレーズが来ると「俺も!」とか「me too!」とか合いの手を入れてくれるようになって(笑)。結構楽しんでいただいているみたいです。


──なるほど。一方でHISASHIさん自身の印象は、どんな感じでしたでしょうか?

七星:すごく優しい!

恋汐:レコーディングの長い時間なんかもずっといてくださって“ここはこうしたほうがいいかな”とか、いろいろ相談にも乗っていただいたし。本当に柔軟に、すごく寄り添いながら一緒に作ってくれたという印象でした。

望月:やっぱりGLAYのHISASHIさんともなれば、私たちからすると「天空の人」。みんな物心付いた頃から活躍されている人、みたいな印象もあるし。それが今、おこがましくも親しみを込めて「ヒサ兄ぃ」とか「HISASHI兄さん」とか呼んでいるくらいになっているんですけど(笑)、それくらい近くに感じられる接し方をしていただきました。


──音楽面ではいかがでしょう?HISASHIさんの音楽に対する見方というか…

鈴姫:すごく面白い。HISASHIさんの影響を与えたものが、きっとものすごく膨大なものだと感じられるし、絶対予想できない歌詞、曲調なんです。でも聴いたらなぜか“あ、HISASHIさんだ!”と分かるところもある。


──確かに。HISASHIさんらしさ、GLAYらしさみたいな雰囲気がありますね。

望月:でしょ!?「恋する完全犯罪」のイントロとか、完全にGLAYの曲を感じる!でもGLAYの曲の中でHISASHIさんの作られた曲って、異彩を放っているというか…


──変化球的な印象があります。

望月:そう!飛んでいるところがある。それがバンもん!に来たときに、いい化学変化が起こせたかな、と。


──その曲をバンもん!が歌えるという…豪華ですね、なるほど。「BORN TO BE IDOL」のほうはグループの雰囲気に合わせた印象がありますが、「恋する完全犯罪」のほうは、詞がなかなかアイドルの方が歌うには、少し刺激が強いような気がしますが…

大桃子:「恋する完全犯罪」がいいなと思ったのは、「未解決事件」というキーワード。バンもん!って、アイドル界の「未解決事件」だと思うんです。


鈴姫:バンもん!みたいに、表現としてはいっぱい横道にそれているけど、一番の核はやっぱり“人に夢と希望を与えたし、みんなに幸せになってほしい”という、一番のアイドルらしい気持ちなので。それを今回はきちんと表現できたんじゃないかと思うんですよね。


──そういうイメージだったのですね。このキーワードはどんなイメージなのかと思っていたのですが…

大桃子:今のところ、誰も通ったことのない道を通ってやってきているかと。本当に色んな面で、しかも自分たちでプロデュースをしているし、分からなくなっちゃうときもあるけど、これをちゃんと「完全犯罪」としてやり切りたいという…


──なにかとても素晴らしいイメージ力ですね。

鈴姫:私たちは個々でも活動をしていたりとか、アイドルをもともとグループアイドルをやろうとして生きてきたわけじゃなかったり、一度諦めたりとかという人たちが集まったグループ。しかしこの6人はバンもん!でものすごくアイドルをやろうとしている(笑)。なんかそのチグハグさみたいなものが、特に「恋する完全犯罪」で伝わってくれたら嬉しいなと思います。

七星:それとこの曲は結構シリアスな感じの歌詞だけど、イントロとアウトロでみんなが作戦会議をしていて…


──あ、それは私も気が付きました。コソコソって…なにを言われているのか、すごく気になったんですけど。

鈴姫:そこはHISASHIさんが“なにか声を上げてください”って。

七星:そう、本当はもっと長い尺で録ったんですけど、「カニを凍らせて・・・」って…「完全犯罪」っぽい感じで、みたいな。


──カニ?何ですかそれは?(笑)

恋汐:“フリーで喋ってみてください”と言われて、カニを凍らせて、そのカニで撲殺するという完全犯罪の計画を話しました。カニの気持ちは考えていないけど(笑)

鈴姫:犯罪計画みたいな内容になっていく中で「カニを凍らせて」みたいなことを言い出して。それがHISASHIさん的にはかなりツボだったみたいで(笑)


──(笑)…でも「カニ」は別として(笑)、総じて見ると、歌詞の内容としてはあくまでポジティブな方向なんですね。

鈴姫:そう、基本はもうとてもポジティブなんです。

大桃子:だからそんじょそこらの子供には歌えないでしょう?(笑)


──私は最初、これはなにかに取り憑かれて病んでいる子のイメージを描いているのかな、と思ったのですが…

望月:たしかに人それぞれの解釈も出来ると思います。でもバンもん!は大人だし、だからこそ歌えるものはあるというところがある、出せる魅力もあるというところだとも思いますし…


──なるほど、大人ですか。一方で最後の「未熟なリテラシーで僕を 机上のモノサシで がんじがらめ」という詞の箇所ですが、我々メディア側の問題を見透かしているような気もして、すごくドキッとしました(笑)。でもこの箇所があるから、全体が締まる感じもありますね。

甘夏:確かに。その部分って、最後の最後に変わったんです。

鈴姫:それに不思議なんですけど、歌詞にはこの部分のように括弧付け(「」)があったり、無かったりするところがあって。敢えて尋ねたりするのもヤボかなと思って聞かなかったけど、いろいろ気になりながら歌っているんですけどね…(笑)


──あ、確かにそうですね。それはいつかお尋ねしたいところで…

鈴姫:そう。でも人それぞれの解釈が一番面白いと思うし、十年くらい経ったら「そういえば、あの括弧の意味って何なんですか?」って尋ねられるくらいに私たちも活躍し続けられたらと(笑)
次ページ : 今年のテーマは相撲!?

「桃色革命」が自身最大規模の全国ツアー…

【インタビュー】乃木坂46新内眞衣に聞…